一人暮らしのおばあちゃん おじいちゃんの見守りツール的な役割としてユーザーの間で使われている「まごチャンネル」

一人暮らしのおばあちゃん おじいちゃんの見守りツール的な役割としてユーザーの間で使われている「まごチャンネル」

一人暮らしの高齢の親を持つ息子娘世代の気持ち

自分自身が年を取ってくると、同時に、気になりだすのが実家の親です。特に、実家の親が一人暮らしである場合は、そばにいて見守ってくれる人が居ませんので、もっと気になるところです。

さらに、今年はコロナのせいで高齢者の方と面会するのも難しい状況ですので、さらに心配だと思います。

これは政府の内閣府が調査した統計ですが、

65歳以上の一人暮らしの人の増加は男女ともに顕著であり、2015年には男性約192万人、女性約400万人、65歳以上人口に占める割合は男性13.3%、女性21.1%となりまして、今後も増加していきます。

第1章 高齢化の状況(第1節 3)(1)65歳以上の者のいる世帯は全世帯の約半分、「単独世帯」・「夫婦のみ世帯」が全体の過半数 出典:内閣府

ということで、多くの親が、一人暮らしをする時代になってきていますが、彼らをサポートする仕組みはなかなか整っていないと思います。

朝比奈
特に、一人暮らしのおばあちゃん おじいちゃんに何か急病が起きた時に、誰かが、すぐに気づくことは困難かと思います。
一ノ瀬
ですので、特に一人暮らしの高齢な親を持つ沢山の息子娘世代が、日常から親の事を心配している状況が目に浮かびます。

見守りツールとして使われているまごチャンネル

コロナの影響で最近実家の親とオンラインでコミュニケーションを取るオンライン帰省がよくテレビとかで紹介されていますが、孫の動画や写真を送れるまごチャンネルがオンライン帰省のツールとしても最近は注目されています。

朝比奈
Amazon や SNS のレビューを見ますと高齢者の方でも簡単に設置でき操作も簡単で大画面で孫を見ることができて、まごチャンネルを使っているユーザーはとっても満足しているとの良い評判をよく見かけます。

そんな中、まごチャンネルをユーザーの間では、おじいちゃんおばあちゃんの見守りツールとして使われている場合があります。どういうことかと言いますと、おじいちゃんおばあちゃんが動画を見ると動画や写真を送ったお父さんお母さんのアプリへ”実家が動画を見始めました”という通知が送られてきます。

一ノ瀬
これを見ることによって動画送った家族はおじいちゃんやおばあちゃんが元気にしているんだなという風に思うことができると多くのユーザーさんがレビューでコメントしています。

本当にたった、これだけのことですけど、毎日のようにアプリに送られてくる、おじいちゃんおばあちゃんからの通知を見るたびに、本当に元気なんだなと実感して、安心できるということです。

まごチャンネルを親が見るとアプリに送られてくる通知

 

実の親といっても心配だからと言って毎日電話するのも大変です。その大変なところを、直接実家とも連絡を取ることもなく、まごチャンネルが何気なく行ってくれるので、 ちょうどいい距離感を保ちながら親を様子を見れる見守りツールのような役割をしてくれます。


という事で、まごチャンネルの通知機能がおばあちゃん おじいちゃんの見守りツール的な役割を担っているという事でした。ユーザーの間で、まごチャンネルがこの様に使用されるとは、まごチャンネルを制作した(株)チカクも予想していなかったような気もします。

まごチャンネルは、WiFi不要で、元々の機能である、孫の動画や写真を簡単に送信できて大画面TVに映し出せるという点だけでも高い満足度を得ていますが、今後、さらに一人暮らしのおばあちゃんやおじいちゃんが増えていくのは間違いありません。まごチャンネルは、そんな一人暮らしの実家の親をさりげなく見守るツールとしてもお役に立てるかもしれません。